HachinoheClubについて

 

HachinoheClubは総合型地域スポーツクラブです。

 

 

設立背景

 

少子化の進行に伴った学校部活動の限界(選択可能種目の限定)、教員の長時間労働問題、高齢化による社会保障費の増大等の社会問題を背景とし、その課題を解決する機能をもつ総合型地域スポーツクラブHachinohe Clubを青森県八戸市に設立しました。

 

目的

 

年齢・性別・障碍の有無を問わず、すべての市民を対象とした各種スポーツの普及・振興事業及び介護予防事業を行なっていく中で、青少年の健全育成、市民の健康増進及び地域コミュニティの活性化を図っていくことを目的とし、青森県八戸市が保有する設備や各種学校体育施設等を活用し、地域住民や各種競技団体と協働しながら、すべての市民に開放し、広く公益に貢献することを目的とします。

 

事業内容

 

 

運動部活動の受け皿(準備中)

 

少子化に伴い、小規模化しつつある学校では、選択可能競技種目が限られてしまっている現状がある一方、肥大化した学校部活動は、教職員の負担増に直結し、長時間労働問題を助長してるなど、数多くの問題点が指摘され、改革が進められているところであります。子供たちのスポーツ環境を守るためにもクラブ化を推進していきます。

アスリート育成事業

 

専門的指導者による指導を実現し、トップアスリートを育成します。また、コーチ等の人材を各種目間で共有することで、地域の人材の有効活用につながり、多くの子ども達へ科学的知見に基づいたトレーニングを提供することができます。今後、より多くの種目を実施できるように努めます。

アダプティブスポーツ

 

アプティブ・スポーツという概念は、障がいをもつ人がスポーツを楽しむためには、その人自身と、その人を取り巻く人々や環境を問題として取り上げ、両者を統合したシステムづくりこそが大切であるという考え方に基づくものです。スポーツのルールや用具を障がいの種類や程度に適合(adapt)させ、障がいをもつ人はもちろんのこと、幼児から高齢者、体力の低い人も一緒になってスポーツを楽しむ環境の実現を目指します。

各種運動教室への講師派遣事業

 

各種運動教室やイベント、講演会等へ講師を派遣しています。お気軽にご相談ください。

介護予防事業

 

高齢化による社会保障費の増大は深刻です。活気のある八戸市を創るためにも、健康寿命の延伸が唯一の解決方法だと考えています。自らの健康は自らが作ることが基本でありますが、その環境づくりは一人では難しいのが現状です。仲間と楽しみながら運動ができる環境を創出することを目指します。

Copyright 2019 Hachinohe Club

青森県八戸市新井田西1丁目2-19(NEEDA Hockey Shop内)
tel:0178-20-0809 mail:hachinoheclub@gmail.com

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram