ボッチャ教室

ホームページボッチャ教室.jpg

ボッチャとは

ヨーロッパで生まれ障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。ジャックボール(白い目標球)に、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールをいかに近づけるかを競います。老若男女、障がいのあるなしにかかわらず、すべての人が一緒に、そして競い合えるスポーツです。

当クラブでは、2019年9月からボッチャ教室を開催しています。青森県八戸市にボッチャを楽しめる場をつくり地域住民の健康増進と他者との交流の場を作っていきたいと考えています。また、2021年には全国障害者スポーツ大会(以下、全スポ)の種目となり、2025年には青森県で全スポが開催予定とされています。そこで、ボッチャ競技者を育成し各種大会への参加を促し、人生に目標や楽しみが持てる教室になることを目指していきます。

活動内容は、キャッチボッチャから始まり陣取りボッチャを行って最後は参加者みんなでBOCCIAハチクラCUPトーナメント戦を行っています。体験の方には、Culb会員とは別のコートで実際にボールを使いながらボッチャのルール説明から簡単な試合を通してボッチャの面白さを体験していただきます。

※ボッチャ教室の参加希望や指導及び会員を支える活動に参加したい方はご連絡下さい。

【ボッチャ教室】

対 象:制限なし
実施日:月/2
回 土曜日 9:30~11:30
場 所:八戸市福祉体育館
入会金:1,000円
年会費:1,500円

参加費:500円/1回  

​※初回は無料でお試し体験ができます

今後のボッチャ教室の予定

10月16日・30日

11月13日・27日

​12月11日・25日

 

※いずれも土曜日9:30~11:30

八戸福祉体育館で行っています。

ボッチャボールの貸出しを行っています。ボール貸出しは下記ボッチャボール貸出しのボタンからご連絡下さい。